釣りより魚狩

三浦ホームな青物ショアジギング日記からの時々フカセ 

【青物×モンスターショット】他のシンペンと違う実釣行での使い方!〜三浦半島青物釣行記後編〜

f:id:Lurehirahei:20220619102007j:image

 

 

 

 

三浦半島青物釣行記後編】

 

「モンスターショットでのワラサ」

 

前編では釣行の様子をリアルタイム感覚でお伝えしてきた、三浦半島青物釣行記2022だったんだけど

 

 

 

lurehirahei.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は後編として三浦ブリフィーバーの中でイナダ止まりな所を、なんとかかんとかワラササイズを連れてきてくれたモンスターショット(S) のお話を中心に

 

 

 

 

 

 

 


ここのところ良く話が出てる「食わないブリナブラ」の攻略ヒントを始め、簡単にはヒットに持ち込めない困った届かないナブラなんかを狙う時のヒントが実釣行から見えて来たのでそんなお話と

 

 

 

 

 

 

 

 

それに伴って今流行りのシンペンの中でも、今年の三浦ブリフィーバーでモンスターショット(S) での釣果アップが凄く多い所を絡めて説明してみようかなってのでスタート🎶

 

 

f:id:Lurehirahei:20220620194118j:image

 

 

 

「届かないナブラからの狙い所」

 

そもそも今回の釣行では、ここの所でよく聞くブリナブラが目の前でって言うお祭りになっているシュチュエーションからは最初外れたんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ磯場のお隣さんファーストヒットイナダもその後の魚狩さんのジグでのイナダにしても、ナブラは遥か遠くで微かに見えてた程度からの中層ヒット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段の回遊待ちなショアジギングシュチュエーションがファーストコンタクトな状況だったので、しっかり目印の潮目からヒットポイントを狙うセオリー通りの釣り方での釣果だったのよね🎣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれも単発でその後が続かない中で、1時間ほど後にやっと射程圏ちょっと先でお祭りナブラが出た状況下で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリギリ届くか届かないか?の中でメタルジグでは反応を得る事ができなかった反面、手前の飛距離なモンスターショット(S) では数投でワラササイズを仕留める事が出来たのよね👏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時にナブラの遥か手前で釣果を得られた理由がいくつかあって、一つはナブラからの流れの筋をしっかりと捉えて攻めてたからってトコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナブラ=ベイトへの反応って事を逆算すると、常に移動して逃げ回る小魚はどう行動するか?ってサカナにとっては壁となる潮目に沿って移動して、追われて逃げ惑えば余計に壁に沿って移動するところへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナブラに届かなければ磯場ではサラシが伸びていたり岸際からの波の跳ね返りの筋なんかがあったり、沖への払い出しは必ずあるモノで、ナブラへ繋がる潮の筋は何かしら必ず射程圏内へ伸びているので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこを狙う事で魚の流れに沿った狙い方が出来きて、言うなればベイトの移動方向で先回りないしは置いてけぼりでルアーが目立つ事が出来てヒットに繋がり易かったから釣れたって寸法になるのね✨

 

 

 

f:id:Lurehirahei:20220620201440j:image

 

 

「ジグでは反応しなかった理由」

 

じゃあその潮目をむしろもっとナブラの近くで捉えられていたジグで釣れててもおかしくなかったのに何故??って疑問も出ると思うんだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもナブラが出ている状況下では、メタルジグの操作は難しく以前も書いた様に着水後潜って表層レンジを外してしまうので

 

 

lurehirahei.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

届かないギリギリやピッタリ届くなんていうシュチュエーションや、前段の様に届かないからその流れの筋にって攻め方だと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮いて逃げ惑うベイトを演出するのに長距離ないしは流れの強い所へ放り込むので、余計に着水直後表層で止めるのは難しくなり、うわずって表層ギリギリで逃げ惑う演出はシンキングペンシルに分がある事に👏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近距離のナブラや時間の短い瞬発的なナブラなんかは、奥に放り込めばサカナの動きそのものな上昇しながらポイントへ向かえるメタルジグが有利にはなるんだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のシュチュエーションではベイトの群れを追いかけ回してナブラを立てている群れから、離れて追いかけているor先行して次のベイトへ向かっているサカナへのアピールが必要だったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果メタルジグでは無くてモンスターショットで釣果が得られたって事で、実際に釣れたワラサの胃の中

 

 

f:id:Lurehirahei:20220620203000j:image

 

この様にナブラへ参加してベイトを捕食したてで、尚且つモンスターショットと同サイズの物がたくさん出てきている個体だったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

届かないナブラからの潮目っていう通り沿いへ回ってきた個体へのアピールがピッタリハマってヒットに繋がったって考察がしっかり出来た結果になったのよね✨🎶

 

 

f:id:Lurehirahei:20220620203504j:image

 

 

「モンスターショットでしか出来ない誘い出すスキッピング」

 

 

そして何よりナブラではお馴染みの攻め方なスキッピングで今回もヒットへ繋がっている訳なんだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキッピングって言うとメタルジグないしはシンキングペンシルなんかを超高速で表層アクションさせて、海面上にジャンプさせる事で逃げ惑うベイトを演出するからナブラ対応で釣れるアクションになってるワケよね🐟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚且つ、高速で水面に出るのでシルエットを誤魔化せたりでマイクロベイトでのナブラなんかでも有効なアクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもひとつだけ弱点があって水面を叩き過ぎるので、しっかりナブラで警戒心が無くなっているシュチュエーションのピンポイントでしかハマらない事も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しナブラを外したり今回の様に届かないナブラでは反応が出ない事も多々あるので、使い所としては射程圏内のナブラへ使うところほんとうは逆な筈なんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンスターショットで高速巻きして表層を滑らすスキッピングは他のメタルジグやシンキングペンシルなんかと少し違ってて、ダイビングペンシルの様に誘い出し効果があるので今回のヒットになった部分が✨👏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眉唾の方、今度現場出たら見える範囲でモンスターショットをスキップさせてよく観察してもらいたいんですけど、リップと頭デッカチな他のシンペンと差別化される特徴から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高速移動させると水を噛む瞬間に海面に引っかかるので瞬間瞬間で少し斜めに入って泡を纏って潜る動きを断続的にするって、言うなればアクションの激しいダイビングペンシルの様な動きをするんです✨👏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで全て振り返って見てみると納得なモンスターショットの動きで、ナブラ圏外の潮目の筋でアピールをする尚且つ誘い出す効果があったからこその釣果になってるってワケなんです✨

 

 

 

「今回の三浦ブリフィーバーにモンスターショットが強いワケ」

 

ここまで見て貰ったらそこのあなたの様になんとなく合点が行く方いらっしゃると思うんですけど、三浦では珍しい大型青物の到来

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナブラが頻発する様にトップが強いシュチュエーションなので本来で言ったら、6000番PE3号タックルでダイビングペンシルを使うのがいちばん早道なんだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

フィールド的にアングラーの手持ちタックルが下なのと、磯場が高くてダイビングペンシルの操作がし辛い磯が多い上に深場の多い三浦ではシンキングペンシルの方が結果的に答えが早い中でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はカタクチからナミノハナまでベイトが乱立してて、マイクロシュチュエーションも混じってシルエットをある程度誤魔化しながらも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナブラが出てるとはいえ小個体移動の多い大型ブリに深いところへアピールも必要なので、ダイビングペンシルの代わりになるような誘い出すスキッピングが向いてるモンスターショットでの釣果が多くなってるってワケになるんです✨👏

 

f:id:Lurehirahei:20220620212337j:image

 

 

 

【まとめとモンスターショット関連記事リンク】

 

 

と言ったワケで、三浦半島ブリフィーバーの中で魚狩さんにもなんとかしてワラササイズを連れてきてくれたモンスターショット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実釣行を振り返って見てみると、ギリギリ届かないナブラの攻略で着水後潜りすぎてトップ攻略が難しいメタルジグでは反応なく

 

 

 

 

 

 

 

 

届かないナブラの攻略としてナブラから伸びている流れの筋で、待ち伏せor追撃をするのにモンスターショットが活躍してくれたって出来事からその中身を見ていくと



 

 

 

 

 

 

 

 

独特のフォルムから生まれるスキッピングでの誘い出し効果が有効打になった事が見えてきて、今の三浦半島ブリフィーバーでモンスターショットでの釣果報告が目立つ理由もそこにあるので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三浦半島独特の事情からダイビングペンシルに変わる存在としてモンスターショットが攻略法のキーの一つになってるよーなんてお話でしたとさ✨👏🎶

 

 

 

lurehirahei.hatenablog.com

 

lurehirahei.hatenablog.com

 

lurehirahei.hatenablog.com

 

lurehirahei.hatenablog.com