釣りより魚狩

三浦ホームな青物ショアジギング日記からの時々フカセ 

【ショアジギング×PEライン&リーダー】ショアジギでデュエルラインが優秀な理由🐟

f:id:Lurehirahei:20211017093131j:image

 

 

【ショアジギングでのPEライン&リーダー】

「ソルトウォーターラインで求められる事」

 

ショアジギング筆頭にエギング、アジング、ロックフィッシュと、昔はシーバスが主だったソルトウォーターゲームもここ10年くらいでだいぶ幅が広がってきてメインのPEラインなんかも各種の釣りに合わせてラインナップされてる近年🎣

 

「キャスト」をするってトコロが主眼なライン特性だったのがメタルジグショアジギングやエギングからシャクる為の要素「低伸縮性」ヒラスズキやロックフィッシュなんかの障害物の多い所でのゲームから「耐摩耗性」、アジングやウルトラライトショアetc極細ラインでのトラブル防止 に「ラインの柔らかさの適正化」などなど様々な特性を組み合わせたラインがたくさんあるワケよね👏

 

そこからさらにひととおり各種の釣りの特性に合わせた技術が出揃った後は「耐熱性」や「撥水性」からフカセ にも使える「比重」なんかを考えた物まで技術の進歩が目覚ましくて「自分の釣り方のこだわりによってメインラインを変える」時代になっててユーザー目線でラインを選ぶ事も楽しみの一つになってるじゃない✨

 

でも一方でナイロンやフロロからPEと長年に渡って変遷してきた人はそれぞれの経験からここが欲しいあそこが足りないって選び甲斐のある世の中でも、コレから始めたりPEの時代から始めた人からすると

 

えっどれにすれば良いの?

 

って選択の幅が広がり過ぎて逆に選ぶのが一つの悩みの種になってるもんだから、特にPEラインなんかはアレが良いコレはダメと賛否両論物凄い意見が飛び交う事態になっちゃってて、なかなかに決めかねてる人は増えたのよね⤵︎

 

だからこの記事に辿り着いてるワケじゃない?そこのあなたもw

 

f:id:Lurehirahei:20211017105212j:image

 

「ショアジギングでラインに大事な点は?」

 

そうなるとPEラインだけで見てってもしっかりと編み込んだだけの特に余計な特徴を加えて無いシンプルに使えるラインってのがなかなかに売れない時代になってきてて、昔は一時期みんなが一択だったノーコーティングのメーカーのやつだったり、値段って面でも大流行りしたコーティングラインの走りな火のラインwだったりとかって言うのも懐かしく感じられるぐらいだいぶ使ってる人少なくなってる感じよね💸

 

そこを経て今に至るといちばん世の中で出回っててよく見るラインはショアジギングに適正化してるラインでシーバス、ヒラスズキを狙うミノーイングにも5色マーキング入ったショアジギモデルなメインライン使ってる方も多いぐらい👀

 

前段で書いたように様々な技術特性がある中でショアジギング向きってなると飛距離でのキャスティング性能、シャクるための低伸縮性、当然磯場での利用が多い事から耐摩耗性と現時点でのソルトウォーターゲーム向けの特性をバランスよく組み込んでるオールラウンダーな物が多くて選び易いからなんだと思うけど

 

そこに加えてショアジギングで特別に必要になってくるラインの特性って何かな?ってシュチュエーションを先に考えてみると

 

他のソルトゲームと違うのが常にシャクるって事とやり取りが強烈、そしてキャスト飛距離が長いって事で全部合わせるとトータルでライントラブルの原因が多い釣りに使うって事になってくるのよね👀

 

言わずもがなハリコシのしなやかなPEラインでロッド操作を盛んにすれば穂先絡みは起るし、引きの強い魚種を掛けるから引っ張り合いの強度で破断トラブルは出やすくて、飛距離が必要な全力でのキャストでは放出速度がMAXなので高切れ等の切断リスクも高いのがショアジギング⚓️

 

そうなるとどんな特性が必要になってくるか?って早く消耗するのでバランスの取れた安価なものである事は基礎中の基礎ではあるんだけどそれ以上に上のトラブルの原因を軽減する為

 

ノットが組み易い事の

優先順位が高い

 

のがショアジギングでのラインに求められる条件になるのよね👏

 

f:id:Lurehirahei:20211017115432j:image

 

これ言わずもがなな当たり前な事に感じるんだけど改めて考えて見ると

 

ノット組み易いラインの条件って知ってますか?

 

ショアジギングやってていちばん釣りをしてない時間ってノット組んでる時間じゃないですか??

 

そしてノットの不備でサカナを逃した経験一回もありませんか???

 

ってトコロでラインを選ぶ時に特性を考えるのに盲点な部分が多くて‥ラインの特性として沢山ある中からここが大事だと思って選ぶ中でノットが組み易い事ほどショアジギングで釣果にダイレクトで直結するポイントって無いんです👀

 

 

「ちょうど良いデュエルライン」

 

PEとリーダーの組み合わせ

 

じゃそんなノットの組み易いライン特性って何よ?ってまず前提条件にメインとリーダーのメーカー合わせるってのがあって、リーダーの開発って言わずもがな自社のPEで食い込みのテストしてるので相性って意味で結構重要👌

 

魚狩さんそもそもはデュエルのPEにシマノのリーダー、もしくはシマノのPEに東レのリーダーって組み合わせが多かったんだけど、たまに現場で荷物間違えてシマノ×シマノになったりって時はなんとなくノット組むの楽だったりなのを経験してて

 

決定的にコレを実感したのがデュエルサポーターやらせてもらったタイミングでデュエル×デュエルになった途端にノット組むの時間的に3分の1時短になって失敗が段違いに減ったのと、コレがいちばん凄くてメイン根擦れ以外でノットより上で破断する事が全く無くなって万が一切れる時も必ずリーダーかルアー結束から切れるように理想のバランスになったのね👏

 

f:id:Lurehirahei:20211017121020j:image

 

ノットの決まる特性

 

でするとそんな中で結局どのメーカー選べば良いの?って所で具体的なノットがキチンと決まる条件を見てみると

 

まずは真円性が高い事で、ナイロンやフロロのように単一繊維じゃなくて編み込んでいるPEでは断面がガタガタになってて、そうするとそれが引っ掛かる事で編み込み食込みの精度を下げてしまうので、各社の編み込み自体の技術かコーティングによる皮膜の形成で真円性を高める技術を採用してるってのが一つの選ぶ基準

 

そしてその次に耐摩耗性能がコーティングに含まれていることで、今のPEラインでそれが無いものはほぼ無いんだけどノットを組むのに締め込むとき掛かる圧力で生まれる熱って結構な影響力があって、PEの唯一の素材としての弱点が熱劣化になるので凝ってる人は水中で締め込むぐらいノットに耐摩耗性はしっかり結束して弱らせないために必要な条件になります👀

 

で最後はリーダー側でコレ書くまでもなく食い込ませる側なので柔らかいってのが選ぶ基準で、ナイロンはどのメーカーでも素材的に柔らかいので大差が無いんだけど、フロロって事になると千差万別でしっかりとリーダー向けの商品はここが優れてるのでまずリーダー用を選ぶ事と謳い文句でしなやかさと伸びを売りにしてるリーダーは摩耗性能を押し出してる物よりも柔らかいので選ぶ基準として注目ポイントになります👀👀

 

HARDCORE® X8始めデュエルのPEライン

 

そんなショアジギングに向いてる条件のノットが組み易いライン特性ってトコロで、サポーターなの抜きに魚狩さんが長年いろんなPE使った中で辿り着いててトラブルレスなメーカーの一つがデュエルでHARDCORE® X8シリーズを現在使ってるワケなんだけど♪

 

マイクロピッチ8ブレイデッド。
強くてしなやかな「安定強度のある」PEライン。

ハイグレード×ハイパフォーマンス


マイクロピッチブレイデッド加工
Micro Pitch 8 Braided ウルトラPEを4本組よりさらに密巻にしたマイクロピッチブレイデッド加工(8本組)した、強く、しなやかなPEライン。 Silky Power より精密に製法されているため、その特性上伸び率を利用した安定強度や引張強度に優れています。なめらかでソフトなため、システムを組む際、結束強度が出しやすくなっています。 

※デュエルHPより

 

っていちばんオーソドックスなX8でもメーカーページで結束を意識した表現をされてるショアジギングに必要なポイントをしっかりとわかってリリースしてるラインなのね👏

 

1段階上のグレード設定なX8プロになるとさらに

f:id:Lurehirahei:20211017170855j:image

と言った部分でさらにノットの信頼性が高まるラインナップになっててショアジギングって点に於いてはオススメのメーカーになってるのがわかる特性がたくさんあるラインになってます✨

 

TB CARBON® ショックリーダー&HARDCORE® POWERLEADER FC

 

で組み合わせるリーダーについても

 

プロが選ぶ!粘り強いトータルバランスフロロ
No.1 PRO SELECT

アングラーに選び抜かれた ”魚が獲れる” フロロカーボンショックリーダー

選び抜かれた素材を採用。 プロアングラー達が様々な状況下で繰り返しテストし、辿り着いたスーパーフロロカーボンラインです。

 

とメーカーページでもしなやかさを主眼に置いた表現をしてて実際手にするとほんとにフロロ?って思う程柔らかさを感じるリーダーでソルト特化のハードコアシリーズのHARDCORE® POWERLEADER FCになると

 

◎耐磨耗性に優れ、しなやかで結びやすく低伸度・高感度なフロロカーボン100%ショックリーダー
◎サイズ別の柔軟度設計採用中硬調(12~30Lbs.)しなやかなのにハリとコシを備え、伸びが少なく感度良好。中軟調(40 ~100 Lbs.)太糸特有の強すぎるハリを抑え、巻きグセがつきにくい。ノットもスムーズ。ソフトな中に適度なコシ。耐ショック性向上。

とさらにノット精度に必要な柔らかさしなやかさを向上させる技術特性が加わってるラインナップになっています👏

 

f:id:Lurehirahei:20211017172037j:image

 

【まとめとAmazon販売リンク】

 

と言ったワケでまぁーコレが一択か?って言われたら確かにシマノ×シマノで特にミッコンとオシアリーダーなんて組み合わせは根ズレって所に主眼を置いたら一歩上だし、よつあみでアップグレードにSSなんかは飛距離って事に関しては抜群だしって各メーカー優劣って事は無いんだけど🎣

 

特徴としてショアジギングに向いてるトータルバランスが取れていてノット精度が出やすいトラブルレスなラインってなるとデュエルがオススメですよってお話でしたとさ👏✨🎶

 

「各種ラインAmazonリンク」

PEライン

f:id:Lurehirahei:20211017180924j:image

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) PEライン HARDCORE X8 マーキングシステム/10m×5色

 

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) PEライン HARDCORE X8 PRO 10m×5色 ホワイトマーキング

 

最新撥水性仕様

DUEL (デュエル) PEライン 釣り糸 HARDCORE スーパー X8  5色

 

 

リーダー

f:id:Lurehirahei:20211017181534j:image

DUEL(デュエル) フロロライン TB CARBON ショックリーダー ナチュラルクリア

 

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) フロロライン  HARDCORE POWERLEADER FC 50m  ナチュラルクリアー

 

「ライン関連記事」

HARDCORE X8 PROについて素材なんかのお話

lurehirahei.hatenablog.com

 

 

TB CARBON ショックリーダーのお話

lurehirahei.hatenablog.com

 

 

ノットの簡単な組み方のお話

lurehirahei.hatenablog.com